• 観葉植物のリース
    観葉植物を取り入れる場合には、レンタル・リースと購入という方法があります。
  • 観葉植物のリース2
    観葉植物にはヒーリング効果があるといわれています。

違い

観葉植物のレンタルやリースをすることで、観葉植物を購入する必要がなくなります。
ただ、レンタルとリースはシステムが違いますので、システムの違いを把握した上で契約をする必要があります。違いを把握しておくことでトラブルを防ぐことが出来ます。

レンタルというのは、解約をする1ヶ月前程度前に申告をしていればいつでも契約を解約することが出来ます。リースの場合には、契約期間中解約をすることが出来ません。

また、レンタルというのは、観葉植物の会社で持っているものの中から借り手が自由に選べます。リースの場合には、借り手が自由に選んだものを観葉植物の会社が代わりに購入をして貸し出します。

違いは以上です。
それぞれの違いを把握した上で、どちらのサービスを利用するか決めるようにしましょう。

シーンに合わせて

観葉植物には様々な種類があり、設置する場所によって最適な種類が違ってきます。
観葉植物をレンタルやリースで取り入れると、様々な効果があります。

オフィスでは、空間や企業のコンセプトに合わせた観葉植物を置くことで、ビジネスシーンに華やかさが増し、快適な空間となります。特にエントランスや会議室に置くことで、社員の環境を良くすることが出来ます。主な効果としては、企業のイメージアップ、作業効率アップ、リラックス効果、眼精疲労軽減、目隠しなどがあります。

飲食店では、お客さんに居心地が良いと感じてもらうことが出来るようリラクゼーション効果のある観葉植物を置くようにしましょう。そうすることで、店舗をイメージアップさせることが出来て、リピート率も高くなります。主な効果としては、ブランドイメージアップ、有害物質の分解、集客効果などがあります。

大型施設(デパート、病院、ホテルなど)では、お客様を出迎える意識を強くすることが出来ます。観葉植物に統一感を持たせることでイメージアップに繋がります。主な効果としては、安心感、有害物質の分解、滞在率アップなどがあります。

このようにシーンによって得ることが出来る効果が違ってきます。
どういった観葉植物を配置すればよいかわからない場合には、観葉植物のレンタルやリース会社のスタッフに相談をするとよいでしょう。

お試し

初めて観葉植物のレンタルやリースを利用するという場合には、実際にどういったサービスなのかわかりません。
そのため、どういった基準で観葉植物のレンタルやリース会社を選べばよいかわからないことでしょう。
ただ、観葉植物のレンタルやリース会社では、実際にどのようなサービスか試すことが出来るシステムを導入しています。

通常料金よりも安価にレンタル・リースサービスを利用することが出来る、無料でサービスを利用することが出来るようになっています。
実際にサービスを試すことで、観葉植物の魅力を知ることができますし、業者を比較するときに、どういった点を確認すればよいか判断することが出来ます。

お得なサービスなので、観葉植物の導入を検討しているということであれば積極的に利用するようにしましょう。

種類

観葉植物のレンタルやリースを行なっている会社では、様々な種類の観葉植物を取り扱っています。
レンタルやリース会社のホームページや資料を見ることで、どういった種類の観葉植物があるのか知ることができます。
また、多くの種類から好みの観葉植物を選ぶことが出来ます。

会社によって取り扱っている観葉植物の種類は違いますが、サイズによって分類されている場合があります。
基本的に、サイズが大きければ大きいほど料金が高くなります。

サイズが小さいものは30~50センチ程度で、アイビー、アロカシア、マコヤナシンゴニウムなどの植物があります。
Mサイズでは60~100センチ程度で、ココヤシ、サンセベリア、カンノンチクなどの植物があります。
サイズが大きいものは、150センチ程度で、オキシカルジウム、グローカル、ゲッチクなどの植物があります。

このようにサイズによって様々な観葉植物を選ぶことが出来ます。
自分で選択をすることも出来ますし、スタッフに設置したい空間に来てもらい、どういった種類の観葉植物が適しているか紹介してもらうことも出来ます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー